Loading

■ 「急な肌荒れにも負けない!大切な日のベースメイクのコツ」

大切なデートの日。突然の肌荒れに悩まされた経験ありますよね。
肌荒れをカバーしようとファンデーションを頑張って塗ってみたものの、厚塗りになってしまったり、崩れるのが気になってデートが楽しめなかったりしては台無しです。そこで、突然の肌荒れを上手にカバーするベースメイクのポイントをご紹介します。

突然の乾燥やニキビ

季節の変わり目などは肌の調子が悪くなる人が多い季節です。急に乾燥してきたり、朝起きるとニキビや吹き出物ができていたりといった経験がある人も多いはず。本当は、化粧をしないで刺激を与えずに治したいけれど当日の急な肌荒れは何とかして隠したいですよね。
今回は日常でよく起こる乾燥とニキビの対処法を中心にご紹介します。

a. 乾燥

乾燥してファンデーションがうまくのらない時には、まずは水分不足を補いましょう。刺激の少ない化粧水を何度も重ね付けします。目安は重ね付けするにつれてお肌が柔らかくなってくるので、それを感じられるまで5回から10回重ね付けしましょう。その時に顔をパッティングしたり、こすったりせずに顔全体を包み込むように優しくお肌に触れることも大切です。その後クリームなどでお肌表面をなめらかにしておきます。
スキンケアで整えた後のファンデーションはパウダリーではなくリキッドタイプやクリームタイプ、クッションファンデーションなどの保湿力のあるものを使いましょう。

b. ニキビ

朝起きて突然ニキビや吹き出物ができていることありますよね。そんな時はまずは触って刺激を与えないように気を付けましょう。
ニキビのカバー方法はコンシーラーを使います。スティックタイプのコンシーラーが使いやすくて便利です。色はお肌よりもワントーン暗い色でイエロー系の色を選びましょう。ニキビの部分よりも広めに塗り、周りをブラシやスポンジでぼかしその上からパウダーをのせると崩れづらくなります。

適切な対処を!

ファンデーションやコンシーラーでカバーした後は、チークを使って乾燥やニキビをより目立たなくさせることができます。頬の血色がよく見えるカラーを使い、ふんわりとチークをぼかすようにいれましょう。
肌荒れを隠そうとしてファンデーションをひたすら重ねても、ただの厚塗りになって逆に汚くよれてしまいます。正しい対処法を知り、突然の肌荒れにも負けずに大切な日を楽しみましょう!

Writer:Chika Ueeda

関連記事一覧

PAGE TOP